低補体血症性蕁麻疹様血管炎(抗C1q血管炎)

左 右

低補体血症性蕁麻疹様血管炎(抗C1q血管炎)

低補体血症性蕁麻疹様血管炎

蕁麻疹より長時間持続する蕁麻疹様紅斑を呈し、紫斑・灼熱感・色素沈着を伴う。皮膚真皮浅層に白血球破砕性血管炎像を認める。蕁麻疹様の皮疹は、真皮上層に浮腫を呈するので、血管壁にはフィブリノイド壊死を認めにくい。免疫蛍光抗体法にて、血管壁に免疫グロブリンや補体の沈着を認め、免疫複合体関連血管炎である。

研究代表者 針谷正祥 ご挨拶
血管炎各疾患の解説
医療従事者向け 一般向け
ウェブ版血管炎病理アトラス 診療ガイドラインのクイックリファレンス 血管炎病理診断コンサルテーション
関連機関・リンク
難病情報センター 厚生労働省 難病対策