原発性中枢神経系血管炎(3)

左 右

原発性中枢神経系血管炎
Primary central nervous system vasculitis :PCNSV

原発性中枢神経系血管炎

くも膜下腔の血管像。血管壁は肥厚し、リンパ球を中心とした多数の炎症細胞の浸潤により、内膜、中膜、外膜の三層構造が破壊され、内腔は閉塞している。
PCNSVは病理学的に肉芽腫性血管炎(58%), リンパ球性血管炎(28%), 壊死性血管炎(14%) の3型に分類され、本例は類上皮細胞(矢頭)や多核巨細胞(矢印)を認め、肉芽腫性血管炎を呈している。

小倉 礼ら.  臨床神経 55: 561-566, 2015.

研究代表者 針谷正祥 ご挨拶
血管炎各疾患の解説
医療従事者向け 一般向け
ウェブ版血管炎病理アトラス 診療ガイドラインのクイックリファレンス 血管炎病理診断コンサルテーション
関連機関・リンク
難病情報センター 厚生労働省 難病対策