C型肝炎ウイルス関連クリオグロブリン血症性血管炎(1)

左 右

C型肝炎ウイルス関連クリオグロブリン血症性血管炎

C型肝炎ウイルス関連

C型肝炎ウイルス感染に伴い、主として単クローン性混合型(Ⅱ型)のクリオグロブリンが出現し、これが細胞脈や小動脈に沈着して血管炎の原因となる。

研究代表者 針谷正祥 ご挨拶
血管炎各疾患の解説
医療従事者向け 一般向け
ウェブ版血管炎病理アトラス 診療ガイドラインのクイックリファレンス 血管炎病理診断コンサルテーション
関連機関・リンク
難病情報センター 厚生労働省 難病対策