がん関連血管炎

左 右

がん関連血管炎

がん関連血管炎

診断に際して、以下が必要である。血管炎発症と腫瘍発症が1年以内であること、血管炎と腫瘍の病勢に同調性があること、薬剤関連血管炎・感染関連血管炎を確実に除外すること。免疫複合体が関与した血管炎と考えられている。がん関連血管炎で多い腫瘍は、血液腫瘍であり、固形癌は少ない。

研究代表者 針谷正祥 ご挨拶
血管炎各疾患の解説
医療従事者向け 一般向け
ウェブ版血管炎病理アトラス 診療ガイドラインのクイックリファレンス 血管炎病理診断コンサルテーション
関連機関・リンク
難病情報センター 厚生労働省 難病対策