炎症性腹部大動脈瘤(2)

左 右

炎症性腹部大動脈瘤

内膜の粥腫は軟化、崩壊をきたし、コレステリン裂隙を認める(→)。中膜では平滑筋細胞が脱落し、弾性線維が断裂消失して線維組織により置換されている。(EVG染色) Bar=200 μm、M: 中膜

研究代表者 針谷正祥 ご挨拶
血管炎各疾患の解説
医療従事者向け 一般向け
ウェブ版血管炎病理アトラス 診療ガイドラインのクイックリファレンス 血管炎病理診断コンサルテーション
関連機関・リンク
難病情報センター 厚生労働省 難病対策