川崎病(3)

左 右

川崎病

川崎病(3)

冠状動脈瘤の血栓性閉塞像。炎症細胞浸潤は発症後12病日頃ピークに達し、動脈壁全層、動脈全周に波及した炎症により脆弱化した動脈は拡張し、瘤形成に至る。激しい炎症細胞浸潤は25病日頃まで継続した後、徐々に消退し線維化へと向かう。動脈瘤は冠状動脈分岐部に好発し、多くの剖検例では瘤内に血栓の形成を伴う。

研究代表者 針谷正祥 ご挨拶
血管炎各疾患の解説
医療従事者向け 一般向け
ウェブ版血管炎病理アトラス 診療ガイドラインのクイックリファレンス 血管炎病理診断コンサルテーション
関連機関・リンク
難病情報センター 厚生労働省 難病対策