顕微鏡的多発血管炎(3)

左 右

顕微鏡的多発血管炎

顕微鏡的多発血管炎(3)

左図(Masson染色)では、領域性に浸出するfibrinが認められ、右図(PAM-HE染色)では、部分的に血管壁の構造が残存(←→)しており、全体像として細動脈の壊死性動脈炎と捉えられる。細動脈では壊死性変化や炎症像が加わると、壁の構造が不明瞭となるので、特殊染色や連続切片での評価が役立つ。

研究代表者 針谷正祥 ご挨拶
血管炎各疾患の解説
医療従事者向け 一般向け
ウェブ版血管炎病理アトラス 診療ガイドラインのクイックリファレンス 血管炎病理診断コンサルテーション
関連機関・リンク
難病情報センター 厚生労働省 難病対策