多発血管炎性肉芽腫症(Wegener肉芽腫症)(1)

左 右

多発血管炎性肉芽腫症(Wegener肉芽腫症)

上・下気道に壊死性肉芽腫が形成される。弱拡大では、中心部が領域性に壊死に陥った地図状の肉芽腫を認める。壊死巣の周囲には、リンパ球、組織球、好中球などの炎症細胞浸潤が認められ、壊死巣を取り囲むような類上皮細胞の柵状配列が特徴的である。これらの多彩な炎症細胞浸潤を背景に多核巨細胞が認められる(挿入図)。

研究代表者 針谷正祥 ご挨拶
血管炎各疾患の解説
医療従事者向け 一般向け
ウェブ版血管炎病理アトラス 診療ガイドラインのクイックリファレンス 血管炎病理診断コンサルテーション
関連機関・リンク
難病情報センター 厚生労働省 難病対策