研究班ご紹介

血管炎は全身性血管炎とも呼ばれ、原因不明で、まだ治療法が確立していない病気です。血管炎の患者さんは少なく、この病気は医療に係る方々や一般の方々にまだよく知られていません。厚生労働省難治性血管炎に関する調査研究班は、血管炎に対する難病対策の向上および難病支援体制の充実を目指して活動しています。

本研究班は中・小型血管炎臨床分科会、大型血管炎臨床分科会、臨床病理分科会、国際協力分科会、横断協力分科会で構成されています。中・小型血管炎臨床分科会、大型血管炎臨床分科会は、主として診療ガイドライン、診断基準、重症度分類などを担当します。臨床病理分科会は病理診断に関する研究を、国際協力分科会は海外の血管炎研究グループとの連携を、横断研究分科会は市民公開講座や関連学会との協力、情報発信などを担当します。

平成29 ~ 31年度:難治性血管炎に関する調査研究班の構成

構成図

各分科会の活動内容

大型血管炎臨床分科会

大型血管炎臨床分科会では、大型血管炎を構成する高安動脈炎と巨細胞性動脈炎の2疾患と末梢血管病変の閉塞を来すバージャー病の3つの指定難病を主な対象疾患として、調査研究に取り組んでいます。本分科会はこれらの疾患の診療ガイドライン、診断基準、重症度分類の改訂(策定)を主要な業務として活動しています。さらに、これらの疾患の現状を分析するための臨床調査個人票を用いた研究、高安動脈炎と巨細胞性動脈炎の特徴や治療反応性などを明らかにする目的で調査研究班の参加全施設による独自の前向き、後ろ向きの疫学登録研究を進めています。また、高安動脈炎は小児期にも発症するため、2017年度からは小児科の血管炎専門家の先生方にも加わって頂き、小児高安動脈炎の調査研究も開始しています。日本全体の高安動脈炎と巨細胞性動脈炎患者数等に関する全国調査も、難病の疫学を専門とする先生方の協力を得て、進めております。

大型血管炎臨床分科会は、高安動脈炎、巨細胞性動脈炎、バージャー病の患者さん達のQuality of Lifeをより良く出来るように、今後も調査研究を通して診断・治療の発展に貢献して参ります。

分科会長 中岡良和


中・小型血管炎臨床分科会

中・小型血管炎臨床分科会では、難治性血管炎班であつかっている指定難病9疾患のうち、抗好中球細胞質抗体(ANCA)関連血管炎に含まれる3つの小型血管炎、すなわち、顕微鏡的多発血管炎(MPA)多発血管炎性肉芽腫症(GPA;旧称 ウェゲナー肉芽腫症)、好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(EGPA;別称 チャーグ・ストラウス症候群)、結節性多発動脈炎(PAN)、悪性関節リウマチ(MRA)、原発性抗リン脂質抗体症候群(APS)の6疾患、および小児期に発症する代表的な血管炎疾患である川崎病を対象に、これらの疾患に関する知識の普及・啓発と医療を向上させるためのさまざまな活動を行っています。

特に力を入れているのは、全国どこでも標準的な治療を受けて頂けるようにするための診療ガイドライン等の整備です。ANCA関連血管炎については、2017年に関連する研究班と3班合同で、エビデンスに基づいた「ANCA関連血管炎診療ガイドライン2017」を発刊し、残りの疾患についても治療ガイドの作成を現在進めています。難病申請時に提出される臨床調査個人票を用いて、ANCA関連血管炎、結節性多発動脈炎、悪性関節リウマチの日本における現状を調査してします。また、指定難病を診断するための診断基準、重症度分類、臨床調査個人票の整備も担当しています。

中・小型血管炎臨床分科会はこれらの取り組みを通じて、難治性血管炎の患者さん達が安心して医療を受けられる体制作りを進めて参ります。

分科会長 要 伸也


臨床病理分科会

本分科会は、実地臨床医ならびに実地病理医の血管炎診療の質を高めることを目的とし、以下の二つのことに取り組んでいます。一つめは、血管炎病理診断コンサルテーションシステムの運用です。血管炎の診断に病理医が果たす役割は大きいものの、希少疾患であるが故に多くの実地病理医にとって血管炎の診断は必ずしも容易ではありません。そこで、血管病理を専門とする本分科会の構成員が中心となってコンサルタントチームを形成し、全国の施設で血管炎の診断に迷う病理標本に対する専門家の意見を無償で提供しています。二つめは、血管炎の病理学的所見における未解明問題への取り組みです。この中には、巨細胞性動脈炎の大型血管病変の病理学的特徴を明らかにすること、ANCA関連血管炎の上気道生検組織の病理学的特徴を明らかにすること、結節性多発動脈炎の皮膚病変と皮膚動脈炎の病理学的特徴の違いを明らかにすることが含まれます。全国の施設におけるこれら血管炎の病理標本を収集し、各未解明問題に対する回答を導くための調査研究を行っています。

分科会長 石津明洋


国際協力分科会

医学界のグローバル化に合わせて、本分科会は、難治性血管炎に関する調査研究班(以下、血管炎班)の中では、比較的最近になって設置されました。世界を見渡すと、日本と海外との「血管炎」には差がないだろうか(発症頻度や症状など)、同じ治療法で良いだろうか、などの疑問がわいてきます。その答えを求めるために、欧米の血管炎会議や研究会等へ班員が参加して、血管炎に関する日本と海外の研究の状況・成果、臨床情報などを交換し、さらに、血管炎班全体での情報の共有も図っています。また、本分科会が血管炎の国際的なプロジェクト研究の窓口となり、血管炎班全体の協力を得ながら、いくつかの国際共同研究にも参加しています。これらの取り組みにより、日本の血管炎診療を更に向上させ、海外の先生方と協力して、適切で標準化された医療を確立できるように、活動しています。

分科会長 藤元昭一

横断協力分科会

本分科会は、各分科会で検討された診療ガイドライン(GL)に対する関連機関の評価および意見を統合し、エビデンスレベルが高く,わかりやすい、整合性のあるGLの策定をバックアップする事と,その普及・啓発を目的に活動しています。
具体的には「ANCA関連血管炎診療ガイドライン2017」をはじめとする本研究班の各分科会にて提唱されたGLについて、各関連専門学会の専門医にアンケート調査を行い、その結果を取り纏めて各分科会に報告しています。また、このGLを一般医ならびに患者さんをはじめとする国民の皆様に広く普及させることを目的に、各関連学会と本研究班の共同シンポジウムを企画したり、各地で市民公開講座を開催しています。さらに、本研究班のホームページを作成し、策定されたGLの紹介、一般医療従事者ならびに一般の皆様さんに向けての血管炎症候群の各疾患の解説、および日頃の活動状況の広報を行っています。これらの一連の活動を通して皆様のより深い本症に対するご理解をいただき、より良い医療環境が患者さんにもたらされるよう努力しています。

分科会長 髙崎芳成


顧問(五十音順)

  • 安倍 達(埼玉医科大学総合医療センター 名誉所長)
  • 有村義宏(吉祥寺あさひ病院 病院長、杏林大学客員教授)
  • 尾崎承一(聖マリアンナ医科大学 学長)
  • 鈴木和男(帝京大学アジア国際感染症制御研究所 所長)
  • 長澤俊彦(杏林大学 名誉学長)
  • 橋本博史(順天堂大学 名誉教授)
  • 槇野博史(岡山大学 学長)
  • 吉木 敬(北海道大学 名誉教授)

厚生省・厚生労働省 難治性血管炎に関する調査研究班の変遷

変遷図
研究代表者 針谷正祥 ご挨拶
血管炎各疾患の解説
医療従事者向け 一般向け
ウェブ版血管炎病理アトラス 診療ガイドラインのクイックリファレンス 血管炎病理診断コンサルテーション
関連機関・リンク
難病情報センター 厚生労働省 難病対策