巨細胞性動脈炎(2)

左 右

巨細胞性動脈炎

巨細胞性動脈炎

内弾性板の石灰化ならびに断裂と、その周囲、特に中膜の内側に、組織球の増殖による肉芽腫性炎が認められる。また、多数のLanghans型ならびに異物型巨細胞が見られ、一部内弾性板を貪食している(挿入図:EVG染色)。さらに、リンパ球やマクロファージの浸潤も認められる。この症例では中膜の外側に平滑筋細胞が残存している。

IEL: 内弾性板、C: 石灰化、SMC: 中膜外側の平滑筋細胞

研究代表者 針谷正祥 ご挨拶
血管炎各疾患の解説
医療従事者向け 一般向け
ウェブ版血管炎病理アトラス 診療ガイドラインのクイックリファレンス 血管炎病理診断コンサルテーション
関連機関・リンク
難病情報センター 厚生労働省 難病対策