サルコイド血管炎(1)

左 右

サルコイド血管炎

サルコイド血管炎(1)

サルコイド肉芽腫(矢印:中心部は類上皮細胞と多核巨細胞からなり、その周囲をリンパ球、マクロファージ、線維芽細胞が取り囲む非乾酪性肉芽腫)が肺血管周囲に見られることは多いが、この図のように、サルコイド肉芽腫が血管壁に波及し、外弾性板や中膜平滑筋などの血管壁成分の破壊を呈するものを“サルコイド血管炎”と呼ぶ。(Elastica-Masson染色)

研究代表者 針谷正祥 ご挨拶
血管炎各疾患の解説
医療従事者向け 一般向け
ウェブ版血管炎病理アトラス 診療ガイドラインのクイックリファレンス 血管炎病理診断コンサルテーション
関連機関・リンク
難病情報センター 厚生労働省 難病対策