川崎病(1)

左 右

川崎病

川崎病(1)

冠状動脈瘤の肉眼像。動脈瘤は冠状動脈の起始部、分岐部に生じやすく、単発あるいは多発する球状瘤として認識されることが多い。冠状動脈の他にも腎動脈や脾動脈、腸間膜動脈、肋間動脈など大動脈から分岐した中型筋型動脈にしばしば炎症が生じ、動脈瘤を形成することがある。

研究代表者 針谷正祥 ご挨拶
血管炎各疾患の解説
医療従事者向け 一般向け
ウェブ版血管炎病理アトラス 診療ガイドラインのクイックリファレンス 血管炎病理診断コンサルテーション
関連機関・リンク
難病情報センター 厚生労働省 難病対策