顕微鏡的多発血管炎(肥厚性硬膜炎)(5)

左 右

顕微鏡的多発血管炎(肥厚性硬膜炎)

顕微鏡的多発血管炎

肥厚性硬膜炎。血清中のp-ANCA陽性で、視力低下などの中枢神経症状を来たし、肥厚性硬膜炎が疑われ、生検された硬膜の病理所見。硬膜は高度に肥厚し、微小膿瘍様の細胞浸潤や線維化、赤血球漏出が見られた。細胞浸潤は単核球、好中球、組織球などが混在しており、抗IgG4抗体を用いた免疫染色では、有意な陽性所見は見られなかった。

研究代表者 針谷正祥 ご挨拶
血管炎各疾患の解説
医療従事者向け 一般向け
ウェブ版血管炎病理アトラス 診療ガイドラインのクイックリファレンス 血管炎病理診断コンサルテーション
関連機関・リンク
難病情報センター 厚生労働省 難病対策