皮膚白血球破砕性血管炎(3)

左 右

皮膚白血球破砕性血管炎

皮膚白血球破砕性血管炎

一般的には、血管周囲の核塵を伴う好中球浸潤を主体とした小型血管炎を呈し(左図)、血管壁にフィブリノイド変性を見ることもある(右図)。免疫病理学的には、IgAの真皮小血管壁への沈着は見られないが、IgGあるいはIgMや、C3の沈着が多い。この観点からすると、一過性のⅢ型アレルギー反応、すなわち免疫複合体型反応と理解され、多核白血球の血管壁への遊走・リソソームや活性酸素による血管障害が関与していると解釈される。

研究代表者 針谷正祥 ご挨拶
血管炎各疾患の解説
医療従事者向け 一般向け
ウェブ版血管炎病理アトラス 診療ガイドラインのクイックリファレンス 血管炎病理診断コンサルテーション
関連機関・リンク
難病情報センター 厚生労働省 難病対策