皮膚動脈炎

左 右

皮膚動脈炎

皮膚動脈炎

皮膚生検にて結節性多発動脈炎と同様の病理組織所見を認めるも、他臓器病変を認めない皮膚限局性血管炎である。皮膚症状としては、結節(皮下結節)(a)、リベド症状、潰瘍(b)、壊疽があり、その他、紫斑、丘疹、白色萎縮、浮腫などの記載がある。結節が90-100%、リベド症状が55-80%と高頻度に出現し、部位別に見ると下肢が最も多い。結節の特徴としては径1cm以下が多く、多発性で紅色ないしは暗赤紫色を呈し、自発痛、圧痛を伴う。

研究代表者 針谷正祥 ご挨拶
血管炎各疾患の解説
医療従事者向け 一般向け
ウェブ版血管炎病理アトラス 診療ガイドラインのクイックリファレンス 血管炎病理診断コンサルテーション
関連機関・リンク
難病情報センター 厚生労働省 難病対策