血栓性血小板減少性紫斑病(3)

左 右

血栓性血小板減少性紫斑病

血栓性血小板減少性紫斑病(3)

血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)の腎組織では、糸球体係蹄内や血管極主体に好酸性の血栓を認める。他の血栓性微小血管障害(TMA)の多くが血管内皮細胞障害を起点とした機序であるのに対し、TTPにおいては血栓形成が病態の始まりとされる。

研究代表者 針谷正祥 ご挨拶
血管炎各疾患の解説
医療従事者向け 一般向け
ウェブ版血管炎病理アトラス 診療ガイドラインのクイックリファレンス 血管炎病理診断コンサルテーション
関連機関・リンク
難病情報センター 厚生労働省 難病対策