抗リン脂質抗体症候群(1)

左 右

抗リン脂質抗体症候群

抗リン脂質抗体症候群(1)

本症の組織像は動脈・静脈内の血栓形成を基本とする。血栓症は全身の様々な臓器、組織に起こりうるが、中枢神経、胎盤など好発部位が存在する。消化管においても、血栓による虚血性腸炎をきたすことが多い。図に示すごとく、広汎な虚血性変化が認められる。組織学的には立ち枯れ状の粘膜上皮の剥脱、粘膜下層の血管の拡張・うっ血、血栓形成が認められる。このような病変では、腸間膜動脈の枝に挿入図に示すような血栓の形成を認める。

研究代表者 針谷正祥 ご挨拶
血管炎各疾患の解説
医療従事者向け 一般向け
ウェブ版血管炎病理アトラス 診療ガイドラインのクイックリファレンス 血管炎病理診断コンサルテーション
関連機関・リンク
難病情報センター 厚生労働省 難病対策