線維筋性異形成

左 右

線維筋性異形成

線維筋性異形成

若年女性の腎動脈に好発し、頻度順に内頸動脈、内臓の動脈、非常にまれに冠動脈を侵す。提示症例は中膜型で、中膜を取り囲むように異形成を示す部位が観察される。内膜に増殖した細胞線維性組織が内腔を閉塞し、内弾性板を断裂させる。(EVG染色)
血管壁は不規則で、交互に凹凸のある波状の変形をみとめる。この変形は、罹患血管の縦断面で最もよく、あるいは縦断面でのみ確認される。

研究代表者 針谷正祥 ご挨拶
血管炎各疾患の解説
医療従事者向け 一般向け
ウェブ版血管炎病理アトラス 診療ガイドラインのクイックリファレンス 血管炎病理診断コンサルテーション
関連機関・リンク
難病情報センター 厚生労働省 難病対策